デリヘル 人妻 32歳 寺塚M子の物語(1) - 恋愛 出会い しあわせ テクニック 大内乃愛

恋愛 出会い しあわせ テクニック 大内乃愛 ホーム» スポンサー広告» 風俗レポ » デリヘル 人妻 32歳 寺塚M子の物語(1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デリヘル 人妻 32歳 寺塚M子の物語(1)

こんにちは、大内乃愛です^^

「大内乃愛ってどんな人?!」と思った方は

こちらをご覧くださいねヾ(*゚∇^*)ノ~。



>>> 大内乃愛自己紹介 <<<



寺塚M子32歳
3人の子持ちで上から小学3年生・小学1年生・幼稚園年長を持つ専業主婦。

そんな彼女と私が知り合ったのはある風俗店がきっかけ。

私は仕事上、風俗店の取材をしていた時に、たまたま面接に来たのがM子さん。


最初の言葉は今でも忘れられません。


「午前中、下の子供が幼稚園に行ってる間だけ働けるところを探してました…」


これは子供を持つ母親は一度は思った経験があるはず。


子供を産んで子育てに追われる日々…

でも、やっと幼稚園に行けるようになって

自分の時間が出来た。

でもお昼には帰ってきてしまう。

たった2~3時間だもの、家でゆっくりすればいいんだろうけど、

長年、十分すぎるほど家にいた主婦は、

たった2~3時間でも外に出たいものなんです。


でもパートできちんとシフトを組まれてしまうと、

子供が体調を崩して急にパートを休むなんてなかなか言いにくいもの。


要は、休みが急でもOKで、なおかつ時給が高く、高度なスキルが必要ない…

こんな場所で働ければ週に2日でも十分なのです。


M子さんの志望動機を隣の部屋で聞き、私は共感しました。


見た目は、ごく普通のお母さんって感じ。

履き慣れたジーンズにバーゲンで買ったかのようなトレーナーを着てきた彼女。

それでも顔はきちんとお化粧をして、どこか怯えるような目をしていたのは

性を売る仕事に対する恐怖心からでしょう。


それでも店長は坦々と仕事の話をはじめ、最後に彼女に確認しました。


「どう?仕事の流れは以上だけど、やれそう?」


彼女は一言。

「……一度やってみてダメならやめます。」



そのまま、彼女はデリヘルのお仕事体験をその日にやりました。

私は、、、

彼女が仕事を終えて帰ってくるまでお店で待たせていただき、

彼女の生の声を聞くことが出来たのです。



…次回へ続く…


≪ 大内乃愛が送る今日の一曲 ≫

大知正紘デビュー曲「さくら」


その他の恋愛ブログを覗いてみる…

rennainoa.jpg


最後まで読んで下さって本当にどうもありがとうございます。

また、気軽に遊びに来て下さいネ!

今日これからの一日があなたにとって幸多くなりますように…





スポンサーサイト
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://rennaisitaino.blog.fc2.com/tb.php/11-3e05702a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。